ニキビを治す方法

ニキビはどのようにしたら治る?

私自身もニキビには思春期の頃からの付き合いでしたが、最近ではすっかり良くなることができるようになりました。
ニキビができたら薬を塗って、朝鏡を見るのも辛いほど全体的にニキビができるくらいひどいものでした。
ニキビができやすい時期は思春期とは別に30〜40代にもニキビができやすいピークが来ます。
いわゆる大人ニキビと言われるものですが、こちらも対処をしていかなければなりません。
今回はニキビについて詳しく知りましょう。
ニキビができるそもそもの原因とはどのようなものなのでしょうか?
昔は肌が脂っぽいからできやすいのかなと思っていましたが、ニキビができる原因は実はとても多いので自分がどれに当てはまるのかを考えながら対処をしていきましょう。
まず原因として考えられるのはストレスやホルモンバランス、皮脂や実は乾燥肌もできやすかったりします。
ストレスがたまるとニキビができやすいのはストレス反応が起こるとストレッサーというものが出ます
ストレッサーはストレス反応を起こすものでありストレス反応が起こるとノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。
このノルアドレナリンがニキビの原因を作ってしまう要素です。
ノルアドレナリンは男性ホルモンでこれが皮脂の増加を促進させます。
これにより皮脂によるホルモンバランスの影響でニキビができやすい肌質になってしまうのです。
そのためホルモンバランスを安定させることができれば皮脂によるニキビの促進を防ぐことができるので。
ストレスとホルモンそして皮脂に関しては関連性がとても大きいと考えられます。
まずニキビを治したいと思うのであれば外ではなく内面の部分の環境を大きく変えていく必要性が出てくると考えられます。

そして早期治療を心掛けるならまず皮膚科によることがとても大切です。
ニキビは治しましょう。

 

ニキビを確認している女性