肌の種類を知ろう

肌の種類を知る

自分の肌について知ることができなければ適切なスキンケアを行うことは難しいです。
まずはどんな肌があるのかを知り、自分に合ったスキンケアができるように心掛けることが大切です。
基本的に肌の性質は、普通、脂性、乾燥、混合の4種類の肌の性質があります。
普通肌はその名前の通り、ほどよくベタついておりなおかさつきもそこまでしていない適切な肌です。
普通肌を目指してスキンケアをしていきたい所です。
脂性肌は皮脂の分泌が多い肌です。
特に鼻から額にかけては皮脂が特に多く分泌されやすいので定期的に皮脂を抑える必要が出てきます。
ニキビができやすい肌とも言われています。
続いて乾燥肌ですが肌が全体的に乾燥をしていて乾燥しやすい状態です。
乾燥肌は悪化すると敏感肌になり、刺激にとても敏感になります。
ニキビができにくいと思われがちですが、乾燥肌でもニキビはできやすいので気を付けなければなりません。
水分を多くとる工夫が必要になる肌だと考えられます。
最後に混合肌ですが、1つの肌に2種類の肌質が存在している肌です。
部分的に皮脂が多かったり、乾燥をしていたりしているので、対処の仕方が難しい肌でもあります。
日本人はこの混合肌が一番多いと言われています。
肌の状態を知ることができたのであれば今度は自分の肌がどれに当てはまるのかをチェックしてみましょう。

チェックの仕方はとても簡単で、顔を洗ったあとそのまま放置をします。
その時に乾燥しているのであれば乾燥肌、テカりがあるのであれば脂性肌と分かります。
特になければ普通肌で部分的につっぱりがあったりカサカサしていたら混合肌です。
このように肌の状態をしることでスキンケアの仕方も大きく変わってきます。
自分の肌の性質をしることはとても大事なことなので気を付けてみましょう。

 

女性の顔2